門型加工機

門型加工機のイメージ
弊社は、門型加工機シリーズとして、1958年に門型機の国産第1号となるRB-Ⅱ精密立中ぐりフライス盤を世に誕生させました。
以降、HFシリーズの開発、DCシリーズの開発、5面加工機化、5軸加工機化と、今日まで時代のニーズに応え、また、時代の先端を先駆けてグレードアップを続けてきました。現在では、数多くのラインナップに加え、新コンセプトの多重門型加工機や超大型門型加工機、大型高速門型加工機など、長年積み重ねてきた技術力を存分に発揮した多彩なラインナップを取り揃え、お客様のニーズにお応えできるよう準備しています。
ベストテクニカル賞の表彰イメージ
「第7回歴史的価値のある工作機械の顕彰 ベストテクニカル賞」受賞
2005年には、RB-Ⅱ精密立中ぐりフライス盤が、栄誉ある「ベストテクニカル賞」に選ばれ、表彰の栄を受けました。
この賞は、”名機”と呼ばれた工作機械が時代の流れとともに忘却されていく中、一時代を画し、わが国の工作機械業界の発展に寄与したエポックメーキングな工作機械を選び顕彰するという栄誉ある賞です。

SNKは貴社にご提案します!

生産工場を取りまく環境は日増しに厳しくなり、「人材不足」「熟練者不足」「多品種少量生産」など、発展を阻害する要因ばかりです。

SNKの提案

SNKの門型加工機シリーズには、これらの難題を解決し貴社に企業革新をもたらしながら成長していくための”ノウハウ”即ち、最先端技術に常に挑戦し続けてきたSNKの生産技術力とマネージメントのエキスがたっぷりと装備されています。

SNKが自信を持ってお手伝いします!

SNKの門型加工機の導入により、「技能」から「技術」への移行が計れます

  • 労働装備率アップ
  • 損益分岐点を下げる
  • 内製化促進
  • 「リードタイムの短縮」「仕懸りコスト圧縮」
  • 「無人化・高精度化」「少量効率生産」
  • 「付加価値UP」「一人当たりの売上・利益UP」
高収益体質への転換
新技術による高効率生産の支援をします

  • ミラーサーフ加工
  • 高硬度材加工
  • 稼働600H/月
  • 切粉率70%
新技術イメージ2
新技術イメージ1
新技術による高効率生産の支援をします

  • NCプログラム
  • ツーリング
  • 取付治具
  • 自動プロ
新技術イメージ3
新技術による高効率生産の支援をします

  • 加工
  • 検査
  • 組立
新技術イメージ6
新技術イメージ5
新技術イメージ4

門型加工機導入メリット

リードタイムの大幅短縮

門型(5面)加工機を導入する事で、従来は数多くの機械を渡り歩いていたワークを、少ない台数の機械で、又、段取り回数も最小限で加工でき、「リードタイムの短縮」「段取り回数の削減」「加工時間の短縮」が図れます。
更に、1セッティングで多面を加工する事で、相対精度の大幅な向上が実現できます。
機械台数を減らしても生産量アップ
自動工具交換装置、自動アタッチメント交換装置などを活用し、ワンセッティングで多面加工を行う事で、稼動時間の向上、切粉率の向上を図れ、機械台数を削減しても生産性を大幅に向上する事が出来ます。

5面加工機イメージ

多彩なラインナップで企業革新をお手伝いします!

SNK門型加工機シリーズでは、貴社のワークに最適な機種選定と投資効果を高める豊富なバリエーションを準備しています。
また、無人化を実現する為に、自動パレット交換装置や多彩なアタッチメント群、周辺装置から大規模FMS化まで準備しています。
近年、我が国の産業が世界のトップに変貌を遂げた背景には、「設備機械の変革」が大きな役割を占めています。新日本工機は創業以来、常に先端技術を追い求め、揺るぎないノウハウを集積した門型加工機を提供し続け、基幹産業(自動車・建機・プレス・造船など)の各分野に於いて、横型から立型機へと設備機械の変革を促進し、ユーザーの「企業革新と利益の追求」に貢献して、高い技術評価を頂いて参りました。
今後もより一層、リーディング・インダストリーに課せられたニーズに対応し、卓越した生産技術力を誇る門型加工機の生産に邁進して行く所存です。
ページトップへ