新着情報

News

第49回 機械工業デザイン賞の授賞式にて、高速形状加工機「DC-5SL」が
昨年の「NeoV-5M」に引続き2年連続となる「審査委員会特別賞」を受賞する
ことが出来ました。
本機は次世代の金型加工機として昨年のJIMTOF2018に出展した機械で、その後
金型加工業界のお客様に多くの引き合い頂き、併せて高い評価を受けております。
授賞式に参加した当社技術本部長からのコメント
「補正なし・トライ一発の金型づくり」を追求する取り組みの一環として、
精度安定性を目指した結果の受賞であり、“高品位金型加工面”を是非試して頂きたい。
SNKは今後も様々な賞をいただけるように、全社一丸となり製品開発を勧めて参ります。
(写真提供:日刊工業新聞社)